耐食ポンプのパイオニア 新東洋機械工業株式会社

 ライニングとは 

金属などにミリ単位の被覆を施工することをライニングといいます。

 ライニングなどしなくても、樹脂を削りだしたら良いのでは?

 ライニングポンプは母材に鋳鉄(鋳物)などの金属を使用しているので樹脂削り出しポンプより
    強度が優れています。
据付や運転中の負荷など、金属ポンプと変わらない機械的強度です。

 ライニングポンプと樹脂削り出しポンプの比較表
ライニングポンプ 樹脂削り出しポンプ
フランジ 母材が金属のため、機械的強度が充分に有る。  JIS規格やANSI規格フランジに対応。 機械的強度が無いため、樹脂を金属で挟みこんでおり、フランジがスタッドボルトになっていて、 設置しづらい。
シャフト         取り付け部 取り付け部のみならず、表羽根部にも母材があるため、運転中の負荷や液温度が高い用途でも変形しない。 取り付け部以外全て樹脂のため、運転中の負荷に脆弱であり、液温度が高い用途だと変形しやすい。
シャフトと       インペラーの間 変形しないため、実液をシャフトから完全に遮断。 変形しやすいため、実液が浸入しやすい。※シャフト折損の可能性が高い。

 ここで当社ポンプへの入換え実用例をご紹介します。
       下記参考実例では、年間3億円以上のコスト削減になりました。

 ライニングポンプと樹脂削り出しポンプの比較表
提案ポンプ 既存ポンプ
ポンプ仕様 ゴムライニング +インペラーのみ                       チタニウム等の金属使用ポンプ 海外製PVDF(ポリフッ化ビニリデン)                削り出しポンプ
メンテナンス頻度 ※納入時1年間のメンテナンスフリー保証 -
オーバー  ホール 1.5〜2年以上運転後、オーバーホール。 運転開始後2ヶ月でオーバーホール。さらにその2ヶ月後再度オーバーホールが必要な状態になったため、ランニングコストを比較検討後、当社新品ポンプへ入換え。