耐食ポンプのパイオニア 新東洋機械工業株式会社

 3.NPSHとは 

  NPSH ( Net Positive Suction Head )
        =正味有効吸込ヘッド
          ポンプがキャビテーションを起こすか否かの判定基準となる数値

JIS規格では
飽和蒸気圧に相当するヘッドを差し引いたNPSH基準面での絶対圧で表示した吸込全ヘッドである。
このNPSHは、NPSH基準面に対して定義され、吸込全ヘッドは、基準面に対して定義される。
 NPSH基準面 = 羽根車の翼入口外端の描く円の中心を通る平面。
立軸又は傾斜軸形吸込ポンプの場合は、いずれか高いほうの中心を通る平面である。
製造業者は、ポンプの正確な基準点との関係によってこの面の位置を示すのがよい。」 とあります。

         ※横型渦巻ポンプの場合、ポンプ吸込口中心面。

 ヘッド = 圧力を高さ(m)に換算したもの。
        例:0.1Mpa=10.2m

 飽和蒸気圧 = ある温度でその液体が沸騰する圧力。

                                                             1気圧(760mmHg)では
水は100℃で沸騰しますが、
0.5気圧(350mmHg)の高地では
80℃ほどで沸騰してしまいます。
圧力が十分に下がれば(20mmHg)
常温(20℃)でも水は沸騰します。

ポンプ吸込み側の圧力が、
その液体のその温度での
飽和水蒸気圧を下回ったとき、
その液体は沸騰してしまって
楊液できなくなります。



 このことにより NPSH とは
 「飽和水蒸気圧と吸込圧力の差」を、ポンプ吸込口中心面を基準とし、ヘッド(m)で表したもの。
 とわかります。